千住真理子のヴァイオリンの値段は?結婚はしてるの?性格や家柄、年収【しゃべくり深イイ】

こんにちは、くじらです。

2月12日のしゃべくり×深イイ話合体で

千住真理子さんの密着映像

公開されます!

千住真理子さんはコンサートだけでなく

ラジオやテレビなど様々な場所で

ご活躍されていますよね!

ヴァイオリンにあまり詳しくなくても

ストラディバリウス」という単語は

聞いたことがある方が多いと思います。

実は千住真理子さんはその持ち主の

お一人なのです。

ヴァイオリンは良いものは驚くほど

高額と言いますが、千住真理子さんの

ストラディバリウスはどのくらいの

値段だったのでしょうか?

また、千住真理子自身はご結婚されて

いるのか、性格やお家柄はどのような

ものなのか、などなど調べてみました!

千住真理子のプロフィール

出典:https://marikosenju.com/profile/

名前 千住真理子

生年月日 1962年4月3日

職業 ヴァイオリニスト

楽器の名前 デュランティ
(ストラディバリウス)

プロデビュー 1972年(当時12歳)

千住真理子さんはなんと12歳という若さで

プロデビューされています。学校で考え

てみると中1でプロデビュー!

そういえば一時期爆発的な話題になった

ピアニストの牛田智大さんも12歳、

史上最年少でデビューアルバムを

出しましたよね。

そう考えれば、音楽は本当に小さい頃

から努力努力で、若いうちに注目されて

やっと誰もが知る有名アーティストに

なれる、という感じなんですかね。

千住真理子さんは結婚しているの?

現在、千住真理子さんはご結婚されて

いないようでした。

というのも、ヴァイオリン一筋で

生きて行きたいとのこと。

やはりデュランティとの出会いが

運命的だったらしく、“好きな人が

できて、付き合った後から

「この人は実は王子様なんだよ」と

聞かされた気分”だったと表現しています。

デュランティを手にした後は音の出し方

もつくり方も何もかも違ったそうです。

ゼロからやり直したということですから、

今後の生活も家宝のデュランティに全て

捧げるというのも頷けます。

千住真理子の性格は?

2015年4月に発売されていた雑誌

「女性セブン」によると、ご本人曰く

とにかくせっかち」だそう。

これは千住家の皆様の特徴であるとか。

それから、今の千住真理子さんを作った

苦い過去もありました。

デビュー当時、「天才」ともてはやされた

千住真理子さんは自分の演奏に疑問を感じ、

大好きだというバッハも弾けなくなって

しまった時期があったそうです。

誰とも話さず部屋に閉じこもっていた

時期にホスピスに入院していたファン

の方が「どうしても」と切望され

演奏したことがあるそうです。

長い間練習しておらず、納得のいかない

演奏ではあったが、ファンの方は目に

たくさん涙をためて「ありがとう」と

笑ったのを見て、

天才でなくとも演奏を聴く人の心に

届くような演奏家になりたい

強く思ったそうです。

その時の思いからか、デビュー20周年を

機にホスピスや老人ホーム、身障者施設

孤児院など様々な場所でボランティアと

して演奏を行っています。

もし、自分が子供の頃に「天才だ」と

もてはやされたら?

我こそは小皇帝なり!

いえ、違いますね。

千住さんは自分の演奏に疑問を持って

しまったということなので、驕らず、

繊細な感性をお持ちなんだと思います。

そして努力家で、塞ぎ込んでもファンの

期待に応えようとする優しい面も

お持ちですね!

千住真理子のお家柄

千住真理子さんのご家族についても

調べてみました。

父の千住鎮雄さんは慶應義塾大学の

名誉教授で工学博士、

母の千住文子さんはエッセイスト・教育評論家

1番上の兄、千住博さんは日本画家

2番目の兄、千住明さんは作曲家

千住家はすごい人のみで構成されて

います。

2000年には「音楽界の絵」と題し三兄妹

のコラボレーションコンサートを行う

など、協力的な家族関係が伺えます。

2001年に放送されていたNHKの連続

テレビ小説「ほんまもん」の音楽も、

兄の明さんが担当し千住真理子さんが

演奏し注目を集めました。

千住真理子のヴァイオリンの値段

さて、千住真理子さんのヴァイオリンと

いえば?

ストラディバリウス・デュランティ

ですよね。

ストラディバリウスの凄いところは、

広いホールの中でマイクを使わずに

楽器本体だけでホール全体に音を届け

られるということです。

これができるのはストラディバリウス

のみと言われています。

ストラディバリウスはイタリアの

ストラディバリが作った弦楽器のことで

その中でも特に有名なのがアントニオ・

ストラディバリが17世紀〜18世紀にかけて

作ったものを指します。

17、18世紀というと1601年から1800年

くらいですから、今から約400年前に

作られたということです。

現存するストラディバリウスは約600本と

言われていますが、その中でも特別級に

良い品質のものは、10本程度です。

それでも湿度などに非常に敏感である

ヴァイオリンが、400年も前のもので

10本も「特別良い」状態で残っていると

いうのも、言いようのないスゴさを

感じます。

ストラディバリウスの中で最も高額取引

をされたのが1721年に作られたレディー

ブラント。落札額は約12億7420万円

千住真理子さんがお持ちのデュランティは

スイスの公爵家に家宝として長期保管され

300年以上誰にも弾かれていない楽器でした。

正確な金額は非公開ですが、2億から3億で

購入したと言われています。

通常、個人では到底手が出せない額です

ので、高額な楽器は企業が買い上げ、

演奏家に貸し出すのが一般的です。

が、千住真理子さんのデュランティは、

千住家の皆さんが協力して資金調達して

手に入れたものだそうです。

2億から3億・・・集まったのですから

千住家の力の凄さがよくわかります。

家族が非常に強い絆で結ばれている

ことが伺えますね。

千住真理子の年収はどのくらい?

それで、そんなに凄いヴァイオリンを

買って弾きこなせる千住さんは、

年収一体どのくらいなの?

というのが気になるところですよね。

他の楽器のソリスト(独奏者)なども

調べてみると、コンサートの出演料は

依頼者との言い値で決まる場合が

多いようです。

NHKの交響楽団は平均年収1千万ほど

だという噂がありますが、超一流の

ヴァイオリニストである千住さんは

コンサートの他に30枚以上のCD販売や

テレビ出演、ラジオ番組など様々な

場面で活躍されているので、おそらく

それ以上の額になっているのでは

ないでしょうか。

千住真理子がしゃべくり×深イイ話に登場

さて、ここまで見てきましたが、千住

真理子さんや愛器デュランティについて

より深く知ることができました。

自称せっかちで努力家、ヴァイオリンに

対する熱量がものすごい!千住真理子

さんの日常がどんなものか、とても

気になりますね。

2月12日放送のしゃべくり×深イイ話で

千住真理子さんの密着映像も公開され

ますのでぜひお楽しみに!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする